放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

心理臨床とイメージ(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

心理臨床とイメージ (放送大学教材)

心理臨床とイメージ(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

心理臨床とイメージ(’16)の説明

心理臨床の現場においては、クライアント自身の心的現実が重要である。夢、描画、造形作品といったイメージ表現は、客観的現実よりも、その人の心的現実を、その人自身を雄弁に語っている。クライアントの語りも、その方の心的現実として傾聴することが重要である。
心理療法というと、ことばによるものを想像されることが多いが、心理療法の方法としてことばのみならず、夢、描画、造形、即興劇、詩歌といったイメージも用いられる。本科目では、こうしたイメージを用いた心理療法について紹介し、心理臨床の中でのイメージの役割について論じる。

心理臨床とイメージ (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 心理と教育コース , , , , , ,