放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

ヨーロッパの歴史Ⅱ(’15)

      2016/08/18

みんなのコメント(2)

ヨーロッパの歴史Ⅱ (放送大学教材)

ヨーロッパの歴史Ⅱ(’15)の平均点

平成27年度 第1学期:74.3点

平成27年度 第2学期:76.5点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

記述

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

ヨーロッパの歴史Ⅱ(’15)の説明

イングリッシュ・ガーデンの人気が高い。イギリスで庭園作りが盛んになったのは16・17世紀から。18世紀に英国式庭園が誕生し、19世紀には庶民の間にガーデニング趣味が広がった。この庭園趣味はヨーロッパが世界に進出し、珍しい植物を持ち帰ってきたことに端を発する。やがてそれは自然を科学的に理解しようとする新しい学問の発達と結びつき、植物学による世界、自然認識へと発展する。大英帝国の版図の広がりとともに、植物は単なるガーデニング趣味を超え、帝国経済を念頭においた国家にとっての重要な政策課題になっていく。本講義では植物への関心が人々の生活に結びついて大きく変化してきた近代の姿を概観する。

ヨーロッパの歴史Ⅱ (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 人間と文化コース , , , , , ,