放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

睡眠と健康(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(3)

睡眠と健康 (放送大学教材)

睡眠と健康(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:78.2点

平成27年度 第2学期:82.6点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

睡眠と健康(’13)の説明

睡眠と覚醒によるリズムは生命現象の基盤にあり、睡眠は栄養や運動と並んで、健康を支える重要な要素である。したがって、睡眠は健康の維持増進に関わるライフスタイルの改善に必須であるばかりでなく、労働環境の改善、疾病予防や事故防止にとっても重要であると考えられる。新しい学問体系として、2002年に睡眠学は日本学術会議から提唱され、認知されつつある。本科目では、健康に関わる睡眠について、眠りのメカニズム等に関わる科学的アプローチ、睡眠に関連した疾病等の医学的アプローチ、睡眠障害の社会に及ぼす課題等の社会学的アプローチにより構成されている。

睡眠と健康 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 生活と福祉コース , , , , , ,