放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

家庭教育論(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

家庭教育論 (放送大学教材)

家庭教育論(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:79.7点

平成27年度 第2学期:87.6点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

家庭教育論(’12)の説明

家族は子どもが生まれると同時に所属する集団であり、子どもの発達にとっても最も基礎的、かつ重要な集団である。子どもが家族集団のなかで習得した価値・規範や思考・行動様式は、その後の子どもの発達を大きく規定し、方向づけていく。家族は子どものベースを形成し、一定の方向に向けていくのである。
この講義では、家庭教育を家族集団のなかでの子どもの発達に関わる事象として広義に捉え、子どもの発達過程およびその発達過程に関わる諸問題、また親の問題、家族の問題をも取り上げて実証的に考察していく。

家庭教育論 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 心理と教育コース , , , , , ,