放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

音を追究する(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(1)

音を追究する (放送大学教材)

音を追究する(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

音を追究する(’16)の説明

ヒトは日常生活の中で多様な音を聞き、認識・処理している。また、音を通してさまざまな表現を行い、音によってさまざまな影響を受けている。さらに、我々は音声言語を基本としていろいろな事柄を表現している。本科目では、物理的・生物的・精神的・文化的・芸術的視点など多角度から「音」というものにアプローチし、音の持つ意味を解き明かしつつ、最終的に我々が住み心地・生き心地をよくする音の活用に結び付けていきたい。
多領域にも携わるテーマのため、広い領域・分野層の学生に受講を勧めたい。

音を追究する (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 総合科目 , , , , ,