放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

近代哲学の人間像(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(2)

近代哲学の人間像 (放送大学教材)

近代哲学の人間像(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:84.3点

平成27年度 第2学期:83.6点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

近代哲学の人間像(’12)の説明

ルネッサンス以降の近代哲学について学ぶ。まず、ルネッサンス人文主義の哲学において近代的人間がどのように捉えられたかを見る。次にデカルトを中心に、近代科学と、近代的人間観の関係を見、さらにイギリス経験論、ドイツ観念論の哲学を検討する。そのように近代哲学の古典を検討することが本授業の主題であるが、そのことを踏まえた上で、今日にいたるまでの、実証主義的科学の興隆の時代における哲学の自己主張のありかたについて考える。

近代哲学の人間像 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 人間と文化コース , , , , , ,