放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

グローバル化時代の人文地理学(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

グローバル化時代の人文地理学 (放送大学教材)

グローバル化時代の人文地理学(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:74点

平成27年度 第2学期:77点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

グローバル化時代の人文地理学(’12)の説明

グローバル化がすすむ今日、多様な人間社会はますます複雑に変動し、これをどう認識するかが大きな課題となっている。大学レベルの人文地理学初学者のための入門として、グローバル化にともなう変動とそれに対するアプローチの視角を、今日の世界や日本の多彩な問題を例に、わかりやすく解説する。導入部分につづいて、まず環境や景観に関連するテーマをとりあげ、さらに都市と空間へのアプローチへと進む。その際、環境問題や情報化、福祉、ジェンダーといった現代的課題にも言及する。また多くの回で、近年急速に発展してきたGIS(地理情報システム)の考え方や応用例を紹介し、その現代社会における可能性を示す。

グローバル化時代の人文地理学 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 人間と文化コース , , , , , ,