放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

環境の可視化(’15)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

環境の可視化 (放送大学教材)

環境の可視化(’15)の平均点

平成27年度 第1学期:79.5点

平成27年度 第2学期:79.5点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

環境の可視化(’15)の説明

今日の地球環境時代、環境についての正しい理解がますます重要となる。本講義では、お互いが入れ子構造にある地球環境から日常の生活環境までを環境の対象として、主に次の4テーマを扱う。 ①表面温度を可視化して熱環境を読む、②水の流れを可視化して水環境を読む、③地盤探査により地盤環境を読む、そして、④今日注目されている環境のリモートセンシング技術に焦点を当てる。
可視化画像がどのように作成されるか。観測―解析、またはシミュレーション、その結果の可視化について、各プロセスの過程を丁寧に解説しながら、可視化画像の物理的意味を理解した上で、可視化画像を読む。
印刷教材にも多くのカラーの可視化画像を掲載し、放送教材では動画も取り入れている。楽しみながら、環境の可視化画像を味わっていただきたい。環境の理解が深まることを期待する。

環境の可視化 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,