放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

東アジアの政治社会と国際関係(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

東アジアの政治社会と国際関係 (放送大学教材)

東アジアの政治社会と国際関係(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

東アジアの政治社会と国際関係(’16)の説明

東アジア諸国と地域(ここでは中国、台湾、香港、マカオ、韓国、北朝鮮をとりあげる。日本に関しては、その関係性の中で論じる)は、19世紀半ばから国内的および国際的に大きな政治変動を経験しつつ現在に至っている。この東アジアの政治世界とその政治が作りかえてきた社会の変容を理解するためには、歴史過程をふまえた国際関係論的視角が必要となる。本講義では、各国、各地域がどのような政治変動を経て、また如何なる国際環境の中で現在の政治社会を作り上げてきたかを解明し、今後の展望をおこなう。

東アジアの政治社会と国際関係 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,