放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

市民社会と法(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

市民社会と法 (放送大学教材)

市民社会と法(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:70.6点

平成27年度 第2学期:64.8点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

市民社会と法(’12)の説明

市民社会において発生する日常的な法律問題を、法哲学、刑事法、民事法、労働法、社会保障法の観点から検討します。具体的には5人の講師が1人3章ずつ担当しています。3章のうち、1章はある領域の全体的状況の説明を、あと2章は、一般の人が興味をもつテーマにつき法的な考え方がわかる個別的な論点を検討しています。

市民社会と法 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,