放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

交通心理学(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(2)

交通心理学 (放送大学教材)

交通心理学(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:78.6点

平成27年度 第2学期:83.8点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

交通心理学(’12)の説明

車社会での事故防止が交通心理学の主たる目標である。事故リスクの高低には交通参加者の行動と意識が影響しており、交通安全には人的要因(ヒューマンファクター)の解明が求められる。本講義では、交通心理学の歴史と研究成果を踏まえつつ、事故に関わる行動としてハザード知覚やリスクテイキング行動の概説を行う。また、交通参加者の行動を分析するためのアイカメラなどの研究を紹介する。子どもや初心運転者、高齢運転者など対象別の行動特性と彼らに対する教育研究を紹介する。ITS技術など交通問題解決のための工学的アプローチと交通心理学との連携についても触れる。

交通心理学 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 心理と教育コース , , , , , ,