放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

錯覚の科学(’14)

      2016/08/18

みんなのコメント(3)

錯覚の科学 (放送大学教材)

錯覚の科学(’14)の平均点

平成27年度 第1学期:75.3点

平成27年度 第2学期:73.9点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

錯覚の科学(’14)の説明

私たちの脳が認識する世界と、客観的な世界にズレが生じる現象が、「錯覚」である。心理学の諸研究は、視覚や聴覚といった知覚を中心として、記憶や思考などさまざまな心的過程で生じる錯覚の特徴やメカニズムを明らかにしてきた。これらの研究成果を、心理学だけではなく美術史などの多様な分野から紹介し、錯覚が私たちの日常生活や社会、文化、芸術に与える影響を学際的に検討する。これらを通して、人が世界を認識する独特の仕組みについて理解を深めていく。

錯覚の科学 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 心理と教育コース , , , , , ,