放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

海からみた産業と日本(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

海からみた産業と日本 (放送大学教材)

海からみた産業と日本(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

海からみた産業と日本(’16)の説明

島国であるわが国において海運は輸送生命線であり、国内外の安定した海上物流は経済の安定と繁栄の基盤である。近年では、日本企業のグローバル展開に伴い、グローバルなサプライチェーンマネジメントが発達してきた。そのなかで大量の荷物の結節点である港湾は重要で、経済規模にみあった戦略的整備の必要性は極めて高い。以上の事柄に包括的な影響を与えるのが国内外の海事管理である。海事管理の枠組み、海事人材、海事クラスター、海に親しむ活動等もとりあげる。

海からみた産業と日本 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 総合科目 , , , , ,