放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

CGと画像合成の基礎(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

CGと画像合成の基礎 (放送大学教材)

CGと画像合成の基礎(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

CGと画像合成の基礎(’16)の説明

コンピュータグラフィックス(CG)と画像合成について解説する。映画やCM、商品カタログなど、身の回りの映像、画像には、CGや画像合成が広く使われるようになった。CG描画と画像合成の仕組みに重点を置き、その技術の基本原理を、描画例や応用例を示しながら平易に説明する。まず、CGの描画手順、座標変換、3次元形状の生成、画像の生成、質感表現など、CGの原理及び描画の基本的な手法を扱う。そして、リアリティを追求したイメージベースの手法を導入し、パノラマ画像や写真合成といった画像合成へとつなげる。

CGと画像合成の基礎 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 情報コース , , , , , ,