放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

デジタル情報の処理と認識(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(2)

デジタル情報の処理と認識 (放送大学教材)

デジタル情報の処理と認識(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:75.2点

平成27年度 第2学期:84.8点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

デジタル情報の処理と認識(’12)の説明

コンピュータは、計算する機械である一方で、文字、画像、音声、映像といった情報も扱うことができる。しかし、これらがどのように扱われているかは、外からは見えにくい。このため、本講義では、文字、画像、音声、映像といった情報の処理がコンピュータ上で実際にどのように行なわれているかについて概説する。また、これらの認識の例として、発話の認識を行う音声認識や、図形や写真の認識を行う画像認識等がどのように行われるかについて、具体例を交えながら述べる。

デジタル情報の処理と認識 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 情報コース , , , , , ,