放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

問題解決の数理(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(3)

問題解決の数理 (放送大学教材)

問題解決の数理(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:73.6点

平成27年度 第2学期:72.1点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

問題解決の数理(’13)の説明

本講義では、身の回りを含めて社会に遍在する問題、特に決定問題を数理モデルを用いて解く方法を解説する。問題の目的や制約条件を数理モデルで定式化することにより、計算機に問題を解かせることが可能になり、手計算では解けない複雑な問題でも解けるようになる。このような方法は工学のあらゆる場面で使われているだけでなく、経営や行政の場面でも広く使われている。実用レベルの問題は計算機で解く必要があり、そのためのソフトウエアも普及していることから、解法の数学的詳細より、具体的な問題を簡単な数式により定式化することに重点をおく。理解を助けるために多様な分野の応用例を交え解説する。

問題解決の数理 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 情報コース , , , , , ,