放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

デジタル情報と符号の理論(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

デジタル情報と符号の理論 (放送大学教材)

デジタル情報と符号の理論(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:71.1点

平成27年度 第2学期:70.1点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート・電卓(計算機能のみ・必携)
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

デジタル情報と符号の理論(’13)の説明

情報科学の基礎知識として、確率論に基づいて情報を数量的にとらえたり、分析する手法を学ぶ。さらに、デジタル情報に関する本質的な理解を深めるとともに、デジタル情報の処理モデルを学ぶ。また、文字・音声・画像・動画などの様々なマルチメディア情報がどのようにデジタル情報に変換されているかを学び、その変換方法によってデータ量を圧縮したり、伝送時の誤りを検出できたり訂正できたりすることを理解する。

デジタル情報と符号の理論 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 情報コース , , , , , ,