放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

言葉と発想(’11)

      2016/08/18

みんなのコメント(1)

言葉と発想 (放送大学教材)

言葉と発想(’11)の平均点

平成27年度 第1学期:81.9点

平成27年度 第2学期:72.7点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート・英和辞典・和英辞典
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

言葉と発想(’11)の説明

言葉の使い方をまとめたのが「文法」だ。しかし不思議なことに、国文法はネイティヴであるわれわれによく分からず、英文法は必ずしもわれわれが英語を学習する助けになっていない。なぜそんなことが起きるのかという問題を出発点にして、「言葉を理解するとはどういうことか」を考えてみようと思う。
具体的には、「ものごとを指し示す言葉」「動作や状態を表す言葉」「話し手の気持ちを表す言葉」の三つの視点から、英語の発想が日本語とどのように違うかを明らかにし、《言葉によって世界の見方がどれほど違ってくるか》を考える契機を提供する。

言葉と発想 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 人間と文化コース , , , , , ,