放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

物質・材料工学と社会(’11)

      2016/08/18

みんなのコメント(1)

物質・材料工学と社会 (放送大学教材)

物質・材料工学と社会(’11)の平均点

平成27年度 第1学期:81.4点

平成27年度 第2学期:73.6点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

物質・材料工学と社会(’11)の説明

人間活動の基盤である科学・技術を支えているのが材料である。それは社会においてどのように使われているのか、社会のシステムを構成する製品の中に使われている材料について知る。そして、その材料の素材である金属材料、半導体材料、陶器やセメント、ガラスなどのいわゆる無機材料、プラスチックなど炭素を中心とする有機材料、さらには生命を対象とする生体材料など、幅広い材料がどのように創出されるのかを学ぶ。

物質・材料工学と社会 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,