放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

現代の行政と公共政策(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

現代の行政と公共政策 (放送大学教材)

現代の行政と公共政策(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

現代の行政と公共政策(’16)の説明

日常生活の中に織り込まれてその存在に気づきにくい行政活動と公共政策の実態を可視化し、その役割と構造、課題と改善策を多角的に考える。前半では、政府と市場、市民社会と政治行政、国と地方、公務員と政治家、内閣と官僚制、制度とマネジメントといった対比の中で、現代日本の行政システムを立体的に把握する。後半では、公共政策のサイクルとその諸段階を具体的な文脈で説明し、あわせて政策型思考の意義について考える。責任ある市民、賢いユーザーとして公共課題にどうかかわるべきかを問いつつ、教養としての行政学・政策学を展望したい。

現代の行政と公共政策 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,