放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

社会と銀行(’14)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

社会と銀行 (放送大学教材)

社会と銀行(’14)の平均点

平成27年度 第1学期:79.7点

平成27年度 第2学期:75.2点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

社会と銀行(’14)の説明

1980年代後半のバブル経済から1990年代にかけて、日本の金融機関は混乱から大変革の時代を経験した。変化は不良債権処理、金融再編、情報化という技術進歩、それに金融規制の局面において著しかった。2008年からの、アメリカのサブプライムローン問題、最近のユーロ危機が加わった。そうした変化の中で、この科目では、消費者にとっての銀行、企業にとっての銀行、決済ネットワークのノードとしての銀行、資産運用市場における銀行、グローバル競争下の銀行、ヨーロッパの銀行によるギリシャ国債などの保有、財政危機と銀行行動など、銀行の役割と社会の中での機能について考える。

社会と銀行 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,