放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

臨床家族社会学(’14)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

臨床家族社会学 (放送大学教材)

臨床家族社会学(’14)の平均点

平成27年度 第1学期:74.6点

平成27年度 第2学期:75点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

臨床家族社会学(’14)の説明

いま多岐にわたる様々な家族問題の解決が期待されている。精神疾患や高齢者介護問題などの各種慢性疾患は言うに及ばず、児童虐待やドメスティック・バイオレンスなどの家族暴力、犯罪被害者家族や災害被災者家族あるいは自死遺族、非行・犯罪者の家族、いじめや引きこもりの子どもを抱えた家族等々、日々の生活の中で出会う各種の家族生活問題の解決に関心が寄せられている。問題解決志向性を強調する本科目では特に家族のストレスやメンタルヘルスに焦点をあわせるとともに、その背景としての現代の社会状況にも目配りをしながら、単に実態の把握にとどまらずミクロ・メゾ・マクロそれぞれのレベルにおける問題の解決に向けた支援をも視野に入れ、必要とされる社会的取り組みについて臨床家族社会学の視点から整理検討を加え、現実に即した家族問題の理解を深める。

臨床家族社会学 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 生活と福祉コース , , , , , ,