放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

子ども・若者の文化と教育(’11)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

子ども・若者の文化と教育 (放送大学教材)

子ども・若者の文化と教育(’11)の平均点

平成27年度 第1学期:71.7点

平成27年度 第2学期:69.9点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

併用

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

子ども・若者の文化と教育(’11)の説明

現代の子どもや若者(青年)は、どのように成長して一人前の大人になっていくのか。そこにどのような人やエージェント(機関)が関わり、子ども・青年の社会化や教育が行なわれるのか。また、子ども・青年は独自の文化を作り、自ら社会化する側面もある。この科目では、子どもや若者が成長し、教育される具体的な場面や集団(家族、友人、学校、大学等)を取り上げ、また学びの内容(学力や価値形成)にも言及しながら、子ども・若者の成長と教育の社会的側面を明らかにする。

子ども・若者の文化と教育 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 心理と教育コース , , , , , ,