放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

現代日本の教師 -仕事と役割-(’15)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

現代日本の教師 -仕事と役割- (放送大学教材)

現代日本の教師 -仕事と役割-(’15)の平均点

平成27年度 第2学期:69.3点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

現代日本の教師 -仕事と役割-(’15)の説明

本科目は、教育職員免許法施行規則第六条第二欄「教職の意義等に関する科目」に該当し、教員免許を取得するために必要な科目であるが、これに係らず、広くわが国の教師の仕事と役割の実態を学びたいと思う人のために設定される。
一般に<教師>について学ぶときは、義務教育段階の教員を念頭に置くことが多いが、本科目では、幼稚園教諭、高校教師も含み、それぞれの学校種で、教師がどのような状況の下でどのような課題に取り組んでいるかを理解することに努める。とりわけ、社会の変化、教育改革により、学校や教師を取り巻く環境は大きく変化しており、これを踏まえて、現代社会での教育の役割(教師の役割)を考察し、教師という職業への理解と、動機づけに寄与することを目的とする。

現代日本の教師 -仕事と役割- (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 心理と教育コース , , , , , ,