放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

文学のエコロジー(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(2)

文学のエコロジー (放送大学教材)

文学のエコロジー(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:79.7点

平成27年度 第2学期:77.1点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

文学のエコロジー(’13)の説明

本講義では、通常の文学論やテクスト読解とは異なり、「文学」を取り囲み、支えてきた秩序や制度について、その歴史を視野に収めながら、考察していきます。たとえば「口承文学」、「写本」と「活字本」、「著作権」、「識字率」、「読書」「電子本時代の出版」といったトピックを通じて、文学の「生態学(エコロジー)」について、さまざまな角度から考える試みといえましょう。「エコロジー」という命名には、現在、変革と危機の状況に置かれている「文学」の「環境保護」という願いも込められています。なお、「放送教材」では、「武勲詩」を講談師に朗読してもらうなど、工夫を凝らしてあります。

文学のエコロジー (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 総合科目 , , , , ,