放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

コンピュータの動作と管理(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

コンピュータの動作と管理 (放送大学教材)

コンピュータの動作と管理(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:71.1点

平成27年度 第2学期:71.2点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

コンピュータの動作と管理(’13)の説明

コンピュータはハードウェアとソフトウェアが組み合わさって初めて動作が実現される装置である。コンピュータの利用やソフトウェアの開発では、ハードウェアを管理し、アプリケーションソフトウェアの動作に必要となる機能を提供するオペレーティングシステム(OS、基本ソフトウェア)と呼ばれるソフトウェアが用いられることが多い。本科目では、パソコンや家電に組み込まれるマイコンなどを例にしながら、コンピュータの基本的な動作、オペレーティングシステムが持つ機能、コンピュータの利用について学ぶ。

コンピュータの動作と管理 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 情報コース , , , , , ,