放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

生活環境と情報認知(’15)

      2016/08/18

みんなのコメント(1)

生活環境と情報認知 (放送大学教材)

生活環境と情報認知(’15)の平均点

平成27年度 第1学期:85.5点

平成27年度 第2学期:85.2点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

生活環境と情報認知(’15)の説明

私たちは、生活の中で様々な情報を扱い、生活に役立てている。生活環境の中で、私たちがどのような情報を認知し、私たちの発する情報は生活の中でどのように役立っているのか、情報収集の手法や情報の流れ、処理の方法を中心に説明する。近年急速に普及したモバイル機器やユビキタス機器の運用について、消費者の視点から論ずる。また、高齢化社会において、生活の大きな部分を占めてくると思われる医療・福祉分野における、最新の情報技術について解説し、日常生活における利用や応用可能性について論ずる。

生活環境と情報認知 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 生活と福祉コース , , , , , ,