放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

現代環境法の諸相(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

現代環境法の諸相 (放送大学教材)

現代環境法の諸相(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:55.4点

平成27年度 第2学期:59点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

記述

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

現代環境法の諸相(’13)の説明

本講義では、廃棄物問題を始めとする日本国内の身近なトピックを複数取り上げて、汚染者、近隣住民、政府、裁判所といった各アクターの「果たすべき役割」という観点から、現代環境法の姿を複眼的に浮かび上がらせる。具体的には、廃棄物処理法等個別の環境実体法のほか、環境リスクの探知と管理(環境計画法制、PRTR法制、環境影響評価法制)、行政的な義務付けとエンフォース(行政手続法制、行政強制法制)、司法的な義務付けとエンフォース(民事訴訟・執行法制、行政訴訟法制)を中心に、ケースを挙げて解説を加え、環境税制や景観保護といった最新の環境政策課題も含めて、今後の議論の方向を展望する。

現代環境法の諸相 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,