放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

産業とデザイン(’12)

      2016/08/18

みんなのコメント(1)

産業とデザイン (放送大学教材)

産業とデザイン(’12)の平均点

平成27年度 第1学期:71.4点

平成27年度 第2学期:77.1点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

産業とデザイン(’12)の説明

産業における技術とデザインは車の両輪のようなものである。製品も、地域も、環境もデザインによってその経済的な波及効果は異なる。
町づくりや企業経営に参画し、関心を持つ人々に、町づくりと産業におけるデザインの重要性について認識してもらう事を目的とした講義とする。
第1編(第1回) 産業とデザインの歴史
第2編(第2回~第6回) デザインの展開
第3編(第7回~第8回) デザインの戦略
第4編(第9回~第11回) デザインの社会性
第5編(第12回~第15回) デザイン価値の創造
※詳しくはシラバスへ

産業とデザイン (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,