放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

物理の世界(’11)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

物理の世界 (放送大学教材)

物理の世界(’11)の平均点

平成27年度 第1学期:70.1点

平成27年度 第2学期:67.1点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

物理の世界(’11)の説明

物理の世界(’11)の精神は、前回・前々回の物理の世界(’07)(’03)と変わらない。物理を、自然をとらえる「物語」として話を進めていく。自然の物語は壮大で、物理はそのひとつの章に過ぎないが、それでもその内容は、汲めども汲みつくせない。今でも未知の世界を拓く努力が続けられているからである。この科目では、物理の根幹を成す、力と運動、熱の物理、音や光などの振動・波動と場、電気・磁気、相対論、量子の世界の論理を紹介したい。そして、これまでに判ってきたこの世界の基本的あり方について触れたい。

物理の世界 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 自然と環境コース , , , , , ,