放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

生物環境の科学(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

生物環境の科学 (放送大学教材)

生物環境の科学(’16)の平均点

平成27年度 第1学期:点

平成27年度 第2学期:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

生物環境の科学(’16)の説明

生物のそれぞれの個体を取り巻く全てのもの、すなわち環境は、生物の生息のありようを大きく左右する。環境の構成要素として、非生物的な条件がもっぱら認識されるが、周囲にいる他の生物もまた、環境の構成要素である。というのは、生物はほとんどの場合単独では生きておらず、同種あるいは他種の生物と密接な関係を保ちながら生きているからである。本講では、生物の生息に影響を及ぼす環境条件について、生物的条件や景観に関わる条件なども含めて説明する。さらに、長期的な視点に立った場合に、環境が進化や種分化にどのように関わり得るのか、その概要を紹介する。

生物環境の科学 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 自然と環境コース , , , , , ,