放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

社会福祉と法(’16)

      2016/08/18

みんなのコメント(1)

社会福祉と法 (放送大学教材)

社会福祉と法(’16)の平均点

:点

:点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

社会福祉と法(’16)の説明

本教材は、社会福祉と法の関係を主題とする。社会福祉の領域において市民としての人権がどのように尊重されるかという観点からだけでなく、社会福祉にかかわる事業者、行政機関、立法機関、国際機関の役割と責任という観点からも論ずる。そのために、人権理念と社会福祉の関係を再検討するとともに、現代的な権利と義務の問題に関する基本的な視点をおさえ、かつ実践的な課題にも応えようとする。今後の制度改革と、国家・自治体の政策責任、市民と事業者の関係についても検討する。この教材は、社会福祉の利用者や従事者ばかりでなく、看護職、法律職などの関連職種、一般市民にも役に立つものとなるだろう。

社会福祉と法 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 総合科目 , , , , ,