放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

グローバル化と日本のものづくり(’15)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

グローバル化と日本のものづくり (放送大学教材)

グローバル化と日本のものづくり(’15)の平均点

平成27年度 第1学期:84.4点

平成27年度 第2学期:64.7点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

グローバル化と日本のものづくり(’15)の説明

国際的な市場競争の激化のなかで、日本の「ものづくり」が岐路に立っている、といわれている。しかし構想、研究・開発からはじまり、「もの」が実際につくりこまれてゆくプロセスは意外と知られていない。
この授業では、中小企業から大企業までの、技術や経営の実際を概観しながら「ものづくり」の全体像をスケッチしつつ、日本(企業)の強さと弱さや、国際的な競争と協調の内実を明らかにする。
その作業はアメリカとの貿易摩擦から現地への工場進出の歴史の点検であったり、東アジアを中心とする途上国との国際分業の進展の分析であったりする。
またそのことは「ものづくり」を媒介として、世界の諸国とともに歩む日本の「優位性」や「課題」を浮き彫りにすることでもある。

グローバル化と日本のものづくり (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 社会と産業コース , , , , , ,