放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

解析入門(’14)

      2016/08/18

みんなのコメント(2)

解析入門 (放送大学教材)

解析入門(’14)の平均点

平成27年度 第1学期:62.4点

平成27年度 第2学期:68.5点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

可 印刷教材・ノート
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

ラジオ

解析入門(’14)の説明

1変数の実関数の微積分を学んだ次のステップとして、多変数の実関数の微積分および複素関数について学習します。多変数の実関数としては主として2変数関数を扱い、その可視化、微分、多項式近似、極値問題、積分、面積・体積の求め方などを考えます。次にその発展として複素関数の微積分を扱います。 実変数を複素変数に変えるだけですが、複素関数は実関数にない不思議な性質もっています。それらの性質を調べるとともに、応用として留数の原理にもとづく定積分の計算を紹介します。
全体に1変数の実関数の微積分を復習しつつ講義を進め、実際の応用例、計算方法、歴史的な背景などを交えて分かり易く解説します。

解析入門 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 自然と環境コース , , , , , ,