放送大学ノート

放送大学の入学方法、試験対策、勉強方法などを共有するサイトです。

生命分子と細胞の科学(’13)

      2016/08/18

みんなのコメント(0)

生命分子と細胞の科学 (放送大学教材)

生命分子と細胞の科学(’13)の平均点

平成27年度 第1学期:75点

平成27年度 第2学期:65.6点

みんなの感じた難易度

※1簡単、3普通、5難

試験形式

択一

持ち込み

不可 
※持ち込み可否は学期によって変わります。試験前に受験票と一緒に郵送される「試験時間割」を必ず参照してください。

メディア

テレビ

生命分子と細胞の科学(’13)の説明

生物は、細胞を基本単位としている。そして、細胞は自身の持つ遺伝情報を基に、自らの活動に必要な生体高分子を作り出す。これらの生体高分子の働きにより、細胞が様々な機能を発現し、生物の生命活動は維持される。本講義では、生命活動の基となる個々の分子の働きを見るとともに、多数の分子が協調的に働くことによって生み出される様々な機能について、遺伝情報の発現、細胞分裂、情報伝達、分化等の細胞に特徴的に見られる現象を中心に紹介する。これらの理解を基に発展してきた、遺伝情報や細胞を利用する新たな技術についても解説する。

生命分子と細胞の科学 (放送大学教材)

※参考:放送大学ホームページ

 - 自然と環境コース , , , , , ,